ビューティーオープナーのアピールポイントはⅢ型コラーゲンです。

コラーゲン = 美肌効果、アンチエイジング

のイメージがやたら強いですが、具体的にコラーゲンって何なのでしょうか?

テレビとかを見ていても、コラーゲンについて突っ込んだ解説とかされているところって見たことがありません。今回は短く分かりやすくまとめてみました。

アンチエイジングでコラーゲンは欠かせない?

ビューティーオープナー 口コミ

身体の中には、大きく分類すると4種類のコラーゲンが存在しています。

その中でも、肌をとことんモチモチにプルプルにしたいならⅠ型とⅢ型コラーゲンが特に重要になってきます^^

Ⅰ型コラーゲンって何?わかりやすく

Ⅰ型コラーゲンは骨や皮膚・歯や腱などを形成して肌に弾力性を持たせる役割をもっています。美容系の商品でコラーゲンをアピールしている商品はほぼ間違いなくこのⅠ型です。

Ⅱ型コラーゲンって何?わかりやすく

Ⅱ型のコラーゲンは関節や軟骨、角膜、硝子体に多く含まれています。

関節痛とかに悩まされている人はこのⅡ型のコラーゲンが不足しているのが原因の1つだと考えられています。シニアに人気の関節痛対策サプリとかはこのⅡ型コラーゲンを強調することが多いです。

Ⅲ型コラーゲンって何?わかりやすく

Ⅲ型コラーゲンはⅠ型と一緒に含まれていることが多く、肌の真皮、動脈の壁、子宮の壁、消化管、各臓器などの壁の部分を構成しています。

細かい繊維のようなコラーゲンで、臓器や動脈などの壁や肌に柔軟性を与える役割を持っています。

細胞の土台部分をつくりあげてくれるコラーゲンなのでⅠ型とⅢ型コラーゲンが減っていくと、土台である肌のモチモチ感とかがなくなっていってしまうんです。

 

家でたとえると、まさに内壁の部分です。年数が経つと、どんどんヒビが入ってきたりボロボロになってきますよね。

スキンケア等の美容に関して欠かせないのがⅠ型とⅢ型

ビューティーオープナー 口コミ

4つのコラーゲンのタイプでそれぞれ役割が違います。

確実に言えることは、すべてのコラーゲン1つ1つが身体を作る上での土台の効果を発揮しているということです^^

特にⅠ型とⅢ型は肌をプルプルに見せるためにも欠かせないコラーゲンです。

今までの美容製品はⅠ型に注目されてばかりいましたが、ビューティーオープナー美容液に含まれている
卵殻膜はⅢ型コラーゲンをサポートしてくれます。

加齢で減ってしまうコラーゲンを確保するには?

ビューティーオープナー 口コミ 評判

コラーゲンはどんどん年齢を重ねていく減少していくものなので、減っていくことを避けることは出来ません。ただ、その減少のスピードを少しでも抑えられたらいいですよね…。

そのためには内側と外側のケアが大切になってきます。

  • 食事やドリンク類で補う
  • 外側から化粧品等でケアする

Ⅰ型やⅢ型は肌部分に多く存在しているので、外側からしっかりサポートしてあげることが大切になってきますね。

ビューティーオープナーの美容液が今注目されているのは、このコラーゲンをサポートしてくれる役割があるからです。

>>ビューティーオープナーオイル